【ドメインって何?】レンタルサーバーでよく見る用語を利用者が解説!独自、共用、マルチ、サブの計4種類

独自ドメインって何? トップ画像

「独自ドメイン」や「共用ドメイン」等、調べると疑問が湧いてきませんか?

「独自ってどういうこと?」「存在自体知らないんだけど」私も思いました。

 

例を挙げると、「https://tatoeba.com」の「tatoeba.com」の部分がドメインと呼ばれるところです。

独自と共用では「tatoeba」の部分が違います。

 

私自身あまり気にしていなかったのですが、1つ1つのホームページに色々な思いが込められてURLが付けられていると考えると、感慨深いですね。

 

私のは「myideayouanswer」ですが、私の記事を見ることで皆さんの迷いを払拭し、答えが出てほしいという願いを込めて付けました。

 

独自と共用はどっちが良い?
  •   検索結果上位に表示させたい方は「独自」 
  •   検索結果は気にしない方は「共用」 

ざっくり、こんな感じです。

 

  なぜ検索結果が関係があるのか? 

独自と共用の違いを紹介しつつ、紐解きたいと思います。

 

過去の私の疑問を、解決する感じです。

「ドメイン」に疑問を持った方の手助けになると考えます。


目次

ドメインとは


ドメインとは? トップ画像

URLの特定の部分です。

 

サイト公開のために、必ず必要になります。

私は詳しくない状態でエックスサーバーと契約し、流れのまま取得しました。

 

文字を何にするか苦戦しましたが、工程は非常に簡単でしたね。

他のところでは工程が違うかもしれませんが、私が契約中のエックスサーバーでは印象に残らない程簡単でした。

 

大前提として、1サイトに1ドメインと考えておけば良いです。

 

ブログのように随時新しいページが増えても、ドメインを増やす必要はないため、心配ありません。

 

URLからページへ移動するため、サイトの住所と例えられます。

.comの部分はトップレベルドメインと呼ばれ、決まった中から選ぶことになります。

 

一応意味がありますが、特に気にせずで大丈夫です。

 

この記事のURLを見ていただくと、「.com」が見えると思います。

一応Googleアドセンスの審査に挑戦しまくり中ですが、承認される気配もなく、まだ広告はありません。

 

商用とも捉えることができ、形はブログなので「.blog」の方が合っている気がしますが、「ドットコム」という響きに惹かれてしまいました。

 

種類意味
.com商用
.info情報発信
.blogブログ
.netネットワーク
.biz商用
.org非営利団体
.jp日本
.siteサイト全般
.mobiモバイル

趣味で公開して「.com」を使用しても大丈夫です。

  意味が合致しているに越したことはありませんが、そこら辺は融通が効くので安心して下さい! 

 

細かいルールはないため、好きなところを選んで大丈夫です。

料金もそれぞれ違うので、とりあえず安さで選ぶのも良いですね。

 

私としては、.siteなどは声に出した時の語感が微妙と感じるので、頭の中で唱えてみて気に入ったら決めてしまって良いくらいに考えています。

 

ただ、依頼を受けている場合は、当然依頼主と相談して決めるべきです。

 

私のURLは少し長いですが、覚えてもらいたいなら短くてわかりやすい方が印象に残りますね。

願いを込めましたが、短くして覚えやすくしたほうが良かったと思う今日この頃です。

 

企業のホームページなら「企業名.jp」や「企業名.com」が多いです。

 

独自ドメインとは


独自ドメインとは トップ画像

https://◯◯○.jpの◯の部分を自由に決めることができます。

なんでも大丈夫ですが、いざなんでも良いと言われると迷ってしまいますよね。

 

私も決める時は「絞られた選択肢から選べれば楽なんだけどな〜」と何をしたら良いのかわからずに苦戦した夏休みの自由研究の思い出が蘇っていました。

自由を謳歌できない男、どうもSHOです。

 

無料の場合もなくはないですが、年額1000円くらいかかる場合が多いです。

 

自由に決められるわけですが、何かに結びつけると考えやすくなります。

例えばhttps://○○◯.comの◯の部分に、「自分は安定思考だからkeepを入れよう」と考えたなら、「https://keep.com」ですね。

 

「keep.com」が既に使用されていた場合は、.comの部分を変えてみるか、何か付け足せば大体は解決します。

「keep1.com」だったり「keephope.com」等でしょう。

 

ゲームでユーザーネームを決める時を思い浮かべてください。
同じ名前だと「そのユーザーネームは既に使われています」と出てきますよね?
それと似たような感じです。

 

好きな文字にする必要はあるの?
  •   Googleの検索では同じドメインは2つまでしか表示されない仕様です。 
  •   共用は複数人で同一のドメインを使うので、検索結果に表示されづらいです。 

 

私のブログは検索結果に表示されないと困るため、当然独自ドメインです。

特に私はSNS関係はあまり使ってない陰キャなので、検索結果に表示されるかが命綱です。

 

今あなたに見ていただけるのは、独自ドメインだからと言っても過言ではないでしょう。

 

  もし、検索結果に表示させたいとお考えなら、迷わず利用するべきです。 

 

共用ドメインとは


共有ドメインとは トップ画像

共用ドメインは基本的に無料なので、手軽に利用可能です。

 

例えば、「kyouyou.jp」を提供するサービスなら、「https://好きな文字.teikyou.jp」のようになります。

先ほどの例で見てみます。

 

https://sukinamozi.teikyou.jpのように「teikyou.jp」が好きな文字の後ろに付きます。

複数のユーザーが共用するteikyou.jpでは、全く同じURLが複数出来てしまい、機能しません。

 

そこで「sukinamozi」の部分によって識別可能になります。

「teikyou.jp」の中の「sukinamozi」というサイトである意味合いになり、URLとしても機能します。

 

「teikyou.jp(共用ドメイン)」のサービスが終了してしまうと、サイトへも行けなくなってしまうので注意しておきましょう。

 

共用ドメインはどんな人に向いてるの?
  •   サイトが検索結果に表示されなくても大丈夫な方 
  •   趣味やテストでやってみたい方 

私の考えですが、共用ドメインは商用には向かないですね。

企業のHPも検索結果に表示されなければ意味がありませんし、ブログで稼ごうと思ってもSNSだけでは不十分です。

 

もし私が共用ドメインを使うなら、好きなことだけ書くブログか、簡単に自分を紹介できるホームページを作って、見てほしい人にURLを送りますね。

 

無料な場合が多いので、その点はメリットです。

 

独自ドメインと共用ドメインの違い


独自ドメインと共用ドメインの違い トップ画像

それぞれの解説はしましたが、両者の違いをおさらいも兼ねて見てみましょう。

項目独自ドメイン共用ドメイン
料金有料(無料の場合もある)無料
ドメイン好きな文字を入れる好きな文字+提供された文字
検索結果表示されやすい表示されづらい
利用者1人複数人
稼ぐ目的のサイトやブログ×
趣味目的のサイトやブログ
サイトのテスト用△(可能だが贅沢)

有料という点以外は、独自ドメインが優勢です。

 

しかし、テスト用に使うのはもったいないですね。

せっかく検索結果に表示される可能性が高まるにも関わらず、テスト用では宝の持ち腐れです。

 

趣味でも、誰かに見てほしい方は独自の方が良いですが、見られても見られなくてもどちらでも良ければ共用で事足ります。

 

マルチドメインやサブドメインとは?


マルチドメインとは? トップ画像

「マルチドメインは独自と共用と違うの?」と疑問が出ているかもしれません。

マルチドメインは、独自や共用の取得できる数です。

 

マルチドメインのポイント
  •   独自でも共用でも持てる数を表す項目 
  •   独立したサイトを複数開設する場合、同数以上の記載か見る 
  •   メインに付随するページならサブドメインで十分 

似たような項目にサブドメインがあります。

サブドメインはhttps://△△△.◯◯◯.comの△の部分です。

これは共用ドメインと同じ原理です。

 

  • 共用ドメイン・・・ 会社が提供するドメインを利用 
  • サブドメイン・・・ 自分のメインサイトのドメインを利用 

 

  • 共用例: https://好きな文字.提供ドメイン 
  • サブ例: https://好きな文字.メインサイトドメイン 

 

私の考えとしては、そんなに重要ではありません。

ブログやポートフォリオでは使う必要はないです。

 

使うならショッピング系HPや企業HPなどのページ数が多かったり、サイトの構造が複雑なものくらいです。

その他の場合は「サブドメイン」を気にする必要はないです。

 

まとめ


独自ドメインは人に見てもらいたいサイトに有用で、共用ドメインは人に見られる必要がないサイトが良いです。

 

自分のサイトを作る上において非常に重要だと、私は感じます。

公開するための絶対条件であり、持てる数によって立ち上げるサイトの数も変わってくるからです。

 

理解を深めればレンタルサーバー選びに活かせます。

他にも押さえておきたいポイントがありますので、気になる方はこちらからご覧ください。

話にも出たエックスサーバー公式HP

sho

1992生まれです。 コメントやお問い合わせは自由ですので、お気軽にご意見してください。 質問、相談自由です。。。 このブログのコメントにブログを書いても良いレベルです。。 気負わずに生きていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です